第1章:メンタルヘルスとは何だろうか(教科書より)

もうすぐテストなのに勉強する気力が全く湧いてこない。これは不味い。・・・ということで、日記を書きながら教科書を読んでいくという試みをしたいと思います。今日のメンタルヘルス(’19)という科目が、あと一章読んだら4周目完了なので、日記にその内容をまとめていきたいと思います。第2章〜最終章の第15章は4回通り読んでいます。残るは第1章だけです。

【WHOによる健康の定義】 Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.「健康とは、身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態にあることであり、単に病気ではなく病弱でもないことに尽きるものではない。」(WHO 1948)

【WHOによるメンタルヘルスの考え方】 メンタルヘルスは個々の人間が良好な状態を保って効果的に機能するための基礎である。それは単に精神疾患を免れているということにとどまらず、考えたり学習したりできること、自分自身の感情やそれに対する他人の反応を理解でき、それらと共存できることを含むものである。メンタルヘルスはまた、人の内部において、人と人との間において、また人と環境との間において、バランスのとれている状態ともいえる。このようなバランスが生み出されるにあたっては、身体的・心理的・社会的・文化的・霊的要因のほか、相互に関連する多くの要因が関与している。また、精神的な健康と身体的な健康との間には、不可分のつながりのあることも明らかとなっている。(原文は英語)

上の文の「霊的な」というのは、「実存的な」というぐらいの意味合いです。日本にはあまりなじまない考え方かもしれません。

今日はなんだか軽く鬱なのと、慢性の疲れでこれにてパタリ。今日も眠剤がないです。明日精神科受診日なので、薬を変えてもらおうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

よろしければにほんブログ村クリックお願いいたします。

メンヘラさららの勉強日記 - にほんブログ村

よろしければフォローもお願いいたします。

日記
さららをフォローする
メンヘラさららの勉強日記