今日のメンタルヘルス(’19)の後半

今日は朝の5:40スタートで、午前中に七章分読みました。

  • 第9章:精神疾患(1)心の病とはどんなものか
  • 第10章:精神疾患(2)脳の機能変調と精神疾患
  • 第11章:精神疾患(3)不安とその周辺
  • 第12章:精神疾患(4)ストレスとストレス反応
  • 第13章:精神疾患(5)アルコール依存症と薬物乱用
  • 第14章:災害時とメンタルヘルス
  • 第15章:自殺とその予防

本当は午後もこの勢いで教科書をどんどん読み進めていきたかったのですが、集中力が持たずでした。午後はゆっくりしました。

第11章、第13章、第15章を執筆しているのは分担講師の高橋祥友先生です。高橋祥友先生は日本における自殺研究の第一人者というイメージがあります。私が20代前半の頃に、県立図書館で高橋先生の本をよく借りては読んでいました。その後、20代の後半頃に県内で高橋先生の講演会があり、実際にお話を聞けるチャンスだったのに、体調が激悪で鬱が酷すぎて行けず残念だったのを覚えています。

10代も20代も凄まじく鬱状態が悪かったのですが、最近ちょっとだけ良い気がします。多分それはこの6月に実家から出たからだと思います。引っ越ししてから大分体調が良いです。それまでは鬱と希死念慮がずっと続いていて、5/3には自殺未遂で誤嚥性肺炎になっていました。盛大に咳き込んでいました。尋常じゃないくらい苦しくて、多分、誤嚥性肺炎は死ぬより苦しいです。20歳の時に自殺未遂で何日間か意識不明でICUの中に入っていて、息を吹き返した後も誤嚥性肺炎の咳で死にそうになっていましたが、その時を彷彿とさせるくらいの咳込み方で本当に全身がしんどかったです。

実家が苦しい人や毒親と一緒に住んでいる人は家を出た方が良いです。私の知人も、主治医に生活保護の診断書を書いてもらって世帯分離して実家から逃げました。

「逃げるは恥だが役に立つ」です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

よろしければにほんブログ村クリックお願いいたします。

メンヘラさららの勉強日記 - にほんブログ村

よろしければフォローもお願いいたします。

日記
さららをフォローする
メンヘラさららの勉強日記