ICT(情報通信技術)恐るべし/訪看さん出禁にした

今日は、情報学へのとびら(’16)の教科書の第13章〜第15章を読んだあと第12章に戻って読みました。第13章が「データベースの基礎」、第14章が「ソフトウェアの開発」、最終章第15章が「情報通信技術が変える社会」で、“ユビキタスネットワーキング”とか“グリーンIT/ICT”とかの情報弱者の私には見たこともない用語がずらりと並んでいました。

第12章「ユーザインターフェース」に至っては、もうドラマか映画の世界じゃないか・・・と思うことが実用化研究されつつあるなんて。だって、パソコンから林檎やバナナやグレープフルーツの匂いがするんです。ほんとに。その仕組みは香料を調合比データにより調合して出力(装置から放出)しているだけなんですが、まさかパソコンから香りが漂ってくるなんて。このままではインターネットでお料理番組が配信されたらその匂いまで分かる時代が来てしまいます。情報通信技術(ICT)ってすごいですね。

この教科書は2016年度から使われ始めたものなので今年度で閉講です。来年度4月から、情報学へのとびら(’22)に改訂されるようです。(’22)ではもっと信じられないことが実用化されていたりして・・・。ちょっとだけ情報学に興味が出てきたので、4月になったら最新の知見を覗いてみたいと思います。放送大学の学生なら自分が取っている科目だけではなく、約300科目全部の放送授業が見放題なので。

今日は月曜日。月曜日は本当は訪問看護の日です。毎週月曜の午後に訪看さんが来てくれます。でも今日はキャンセルしました。というか、今日来る予定の人を出禁にしました。これで永久に会うことはないだろう。理由は、簡単に言うと人格否定的発言をされたからです。

昔は、自分に合わない人や嫌な人とも頑張って上手く付き合う努力をしていました。でも、最近はそういう自分にとってマイナスになる人とは縁を切っていくことにしています。今は、一緒にいて苦痛な人とはなるべく縁を切る努力をしています。

利用している訪問看護ステーションは5人のチームなので、残りの4人で回すことになるのでしょう。今日ステーションの事務の人に、もちろん丁寧にだけどはっきり希望を伝えられたので良かったです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

よろしければにほんブログ村クリックお願いいたします。

日記
さららをフォローする
メンヘラさららの放送大学日記