薬物依存症:血眼になって何としてでも薬を手に入れる

昨日、調子が悪すぎて、薬を管理している母親を騙してフルニトラゼパムとベルソムラを抜き取って飲みました。それが13時過ぎの話です。どういうことかというと、私の薬は眠剤も気分安定薬(双極性障害の薬)も抗精神病薬も抗不安剤も何もかもが一包化されていて、そこから「頓服の抗不安剤だけちょうだい」と言って抗不安剤を抜くフリをして眠剤を代わりに抜き取ったということです。

私の今の処方は、
・夜:ラモトリギン(商品名:ラミクタール)
・夜:クエチアピン(商品名:セロクエル)
・朝:エビリファイ(※成分名:アリピプラゾール)
・頓:エチゾラム(商品名:デパス)
・夜:ベルソムラ
・夜:フルニトラゼパム(商品名:サイレース)
です。

これらが全て一包化されているのです。そして以前の日記にも書いたようにそれは18:30に渡してもらえます。朝に飲むエビリファイと頓服的に飲むエチゾラムを残して、クエチアピンとラモトリギンと眠剤2種類を18:30に飲んで寝ます。(なんでこんなに寝るのが早いのかの理由は11/15の日記に書いた通りです。)

薬は18:30にしか出て来ないことになっているけれど、調子が悪いから緊急的に頓服だけちょうだいと昨日試しに言ったら出してくれました。母親は6種類ある内のどの錠剤が何なのか分からないので、私が抜き取ったのはエチゾラムだけだと思っているようです。

昨日は13時に薬を飲んで寝て、19時くらいに起きてそこから深夜の1時まで活動していました。具体的には過去問のダウンロードです。タイピングの練習がてら、毎学期約300科目の全てを少しずつダウンロードしています。いつも鬱で2〜3科目分しかダウンロードできません。それなのに昨日は情報コースの全科目分ダウンロードしました。なんでこんなに捗ったのかなと考えるに、フルニトラゼパムが残っていて、いわば軽くラリった状態で作業していたからだと思います。昔からフルニトラゼパムを飲むと、所謂「フロー」の状態に入ることが度々あって、昨日もそうだったのだと思います。(フローはスポーツなどでは「ゾーン」とも言うそうです。)

薬は母親の部屋に隠してあります。今まで私は母親の部屋のタンスの隅から隅まで探したり、ありとあらゆる引き出しの中を探してきました。何年も何年も。たまに出てくることがあればすぐにODしていました。薬を手に入れるためだけに、血眼になって部屋を荒らし続けるのです。

自分の意志では止められない。本当に、自分でも何をやっているのだろうと思います。でも、やめられないのです。薬を手にするまでずっと探し続けるのです。

私は処方薬依存症です。これで市販薬に手を出したらもう終わりだなと思います。国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦先生によると、過食嘔吐と市販薬の依存症を伴うと予後が悪いというデータがあるそうです。

私は過食嘔吐もしています。一年前は拒食と、もし食べてしまったら自己誘発嘔吐で2ヶ月で15kg落としました。(私は3歳から摂食障害です。)

松本俊彦先生については、リカバリー全国フォーラム2019で初めて講演を聞いてから、著書を読んだりオンライン講演会に参加するようになりました。治療を中断せず継続していくことと、同じような体験をした仲間と繋がることが大切だとおっしゃっていました。

自助グループに参加した方がいいのでしょうか。精神医療センターでグループカウンセリングをやっているのは知っていますが、田舎なので他に薬物依存症の自助グループをやっているところを知らないです。

薬に左右されない生活を送りたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

クリックしていただくと、にほんブログ村の「IN」ポイントが入り、ランキングが上がります。ランキングが上がると多くの人の目に触れやすくなります。今、10位前後をうろうろしているので、皆様のお力で次は7位までいけたらと思います。スモールステップで5位、その次は3位を目指したいと思います。ご協力いつもありがとうございます。

日記
さららをフォローする
メンヘラさららの放送大学日記